名刺交換の際に、相手に悪い印象を与えないための渡し方をご存知ですか?

名刺を渡す際には、相手の正面に回って渡すのが良いとされています。その他にも汚れている名刺や折れ曲がった名刺は渡さないなどのマナーがありますので、1度確認をしてみると良いでしょう。

ビジネスにおいて名刺の交換をすると言うことはよくあるシチュエーションです。普段、何気なく行なっている名刺交換ですが、いくつかのマナーがあります。相手に悪い印象を与えないためにも、それらの事を充分に心得ておく必要があります。まず、名刺交換をする際にテーブルや机越しに渡すのはNG行為です。商談などの際にテーブルのあるところで行うことが多いかと思いますが、その時でも相手の正面に回り名刺を渡すのが正しいマナーとなります。

次に、受け取った名刺はすぐに終わず、商談が終わるまで机に置いておくのがマナーです。

商談が終わり、退席する際を見てしまうようにしましょう。

複数枚の名刺をいただいた場合は、役職が高い人から順に置いておくのがよいです。

そして、受け取った名刺には必ず目を通すようにしましょう。

例えば、わからないことや読めない漢字など、そのままにしておくのは相手に対して失礼にあたります。その場できちんと確認をする事により、相手にきちんとした人だと言う印象を与えます。

いずれにしても名刺は体を表します。もらった名刺の上に資料を乗せたり、汚れたり折れ曲がった名刺を渡すなどの行為はNGです。

名刺作成のmeishi21